「させる」でも「してもらう」でもなく

私は生徒に何かを「させる」という表現や言い方が好きではありません。もっと、正確に書くならば、生徒だけでなく、誰に対してであっても基本的に何かを「させる」ことをしたくはない。しかし、学校臨床にはふしぎと「させる」に関する話法があり、たとえば…

いつもわらってなんかいられない

この時期、新入生や「新社会人」に向けたアドバイスの記事をよく目にします。役立つものも多い一方、先日首をかしげたのが初任の教員を対象に書かれた記事でした。そこには「初任者(新任者)は、とにかく、いつでも笑顔で!」といったことが書かれていて、…

私はわすれない

書きたいことは少しずつたまっていて、だけれど、他の仕事や原稿に追われたまま、年度をまたいでしまって今年もまた四月を迎えています。私ごとなのだけれど、学校教員になりました。国語科の教員として、主に高校生に現代文や小論文を授業します。しばらく…