いつもわらってなんかいられない

この時期、新入生や「新社会人」に向けたアドバイスの記事をよく目にします。役立つものも多い一方、先日首をかしげたのが初任の教員を対象に書かれた記事でした。そこには「初任者(新任者)は、とにかく、いつでも笑顔で!」といったことが書かれていて、何となくその記述に違和感をおぼえたのです。

「統制された情緒的関与」とは、対人援助技術の基本として語られるバイステックの七原則のひとつで、対人援助職は常に共感的態度を保持しつつ、一方で相談者(クライアント)の焦りや不安といった感情に呑みこまれることなく、自分自身の感情をコントロールする必要があるということが、その内容です。

ところで「感情管理」とは、社会学者のホックシールドらが整理した概念で、近代以降の社会において、私たちの感情が社会によって統制され、一面化させられている状況を批判的に指摘した概念です。「感情管理」については、その後、看護現場を中心とした「感情労働」の議論でもよく知られています。

それでは、教員はいつでもわらっていたほうがいいのだろうか。

このことを考えるにあたって思うのは、学校現場で繰り返される生徒に対する「自己表現」の要求です。子どもたちは、小学生の頃から、場合によってはそれ以前から、繰り返し「自分らしさ」や自分を表現することを求められてきています。

自分を表現することを求める現場に、きびしい「感情管理」が敷かれているならば、当然そこでの「自己表現」は歪なものとならざるをえません。私はこのゆがみは社会のいたるところにみてとれるように考えており、ここからどれだけ自由になることができるかということが、国語科教育のひとつの要諦であるさえ、おもっています。

生徒に「自分らしく」あること、自分の気持ちや考えを豊かに表現することを求めるならば、やはり教員も、というよりも、学校にいる大人もまた、ひとりの人間として、率直に自分の気持ちや考えをそのたびごとに表明してもいいのではないかしら。

たしかに、バイステックの七原則もよく練られたもので、現場を重ねれば重ねるだけ、不安や緊張の伝染という現象に気づかされますし、対人援助職が、専門職として仕事を全うする意味でも「統制された情緒的関与」は必要とされる事がらのひとつだと思います。

特に新入生はそうでなくても緊張していて、そこに教室へやってきた教員がピリピリとした不安をまとっていたら、もうどうしようもなくなってしまう。その意味で「いつでも笑顔で」は、半分は正解なのかもしれません。

とはいえ、私はやはり「ゆらぎ」やニュアンスを大切にしたい。自分を表現するということの第一歩は、自分の気持ちや考えに気がつくことのできるひとになるということです。それを説く大人がいきすぎた感情の統制をしているならば、それは私にはどこか欺瞞に、そしてうつろに思えてしまうから。

だから、あえてここには書いておきたいのです。いつもわらってなんかいられない。